The 筋斗雲 News!

clbkintoun.exblog.jp ブログトップ

沢シューズ

d0079579_9225335.jpgシャワークライミングツアーは後半に入りましたが、ここで、沢用の靴って何ってところにフォーカス。

一般に沢靴と呼ばれているものは、靴底にフェルトが張ってあるものが多い。なぜフェルトかというと、日本の沢は岩の上にコケが生えていることが多く普通のゴムでは滑りやすい。ところがフェルトにすることによって驚くほどグリップするのだ。靴のタイプはトレッキングシューズタイプやウェットスーツのようなネオプレーンのものなどいろいろ。

d0079579_9251963.jpgまた、先割れの足袋タイプのものにフェルトサンダルの組み合わせというものが、モンベル社から出ている。ガイドのトモキはこのコンビを使っている。ただし、下山で登山道を歩くときなどは、フェルトがすぐに減ってしまうので、下山用の靴を持っていくことがオススメ。昔から沢登りで使われている「地下足袋&わらじ」のコンビは、今でもユーザーが多いが、トモキが使っているのは、その現代版といったところ。

d0079579_9252930.jpg僕が使っているのは、ナイキACGから出ている「エア リオベロ」という靴。リバートレッキングやキャニオニング用に開発されたもので、ソールはやわらかめのラバーで、「クライミング・スティッキー・コンパウンドラバー」が採用されている。フェルトに比べればコケには弱いが、グリップ力は高く滝を直登しても信頼してガンガンいける。基本がトレッキングシューズに近いので、下山時にもそのまま降りてこれる。僕は今一番気に入っている。

体験コースで使用している葛葉川は、それほどクライミングの難易度は高くないので一般のジョギングシューズや、トレイルランニングシューズでも問題ないけど、長い距離やもう少し難易度の高いクライミングになると専用シューズがあったほうがはるかに有利になると思う。

d0079579_9361451.jpgサンダルはなぜよくないかというと、つま先が露出していて怪我をしやすいから。ビーサンだと脱げちゃうしね。でも、沢遊び終了後のリラックス用にはオススメ!

沢遊びに興味が出てきたらぜひマイシューズをゲットしてください!アドバイスもしますぜ!!
[PR]
by club_kintoun | 2006-09-08 09:40 | シャワークライミング
line

ガイドクラブ筋斗雲のツアーレポートやイベント情報など バックカントリー、宮崎サーフガイド、シャワークライミング、トレイルハイキング


by club_kintoun
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30