The 筋斗雲 News!

clbkintoun.exblog.jp ブログトップ

2007年 05月 20日 ( 1 )

エキスパートツアー富士山 070519~20 その2

2日目 山頂アタック

テントで寝ていたぼくらは、夜中に強風にさらされていました。駐車場にベタで置いていただけだったので、風に揺さぶられいまいち眠れない。といってもぼく以外はグーグー寝ていたようですが。夜中1:30くらいに我慢できずにテントの外に出て、張り綱にしっかりとテンションをかけて、もう一度寝なおし。相変わらずの強風がちょっと心配。

明るくなると風は止んでいました。よかった。

d0079579_11483974.jpgさて、出発しちゃうよ~!

大勢の登山者は、朝5:00くらいからざわざわと登り始めていました。ぼくらはのんびりしていたので、6:30に出発。予定通り「予定の30分遅れ」。順調、順調。

ハイクはリミットを午後13:00として、登っていきます。
d0079579_11525319.jpg狭い登山道を数人に追い抜けれつつも、ぼくらはマイペース。周りのペースに巻き込まれないようにしないとね。

本日もすばらしい天気。風もなく快適なハイク。しかし、日が昇るにしたがってじんわりと暑い。
d0079579_11533815.jpgこの日もスノーシューを使用。100名以上の登山者がいる中で、スノーシューで登っているのは、ぼくらだけ。

「気合入ってんねぇ」

なんて、冷やかされつつも

「ヒールリフトがあるからこっちの方が数倍楽なんだよ、へへ」

と心の中で思っていたのでした。

案の定、朝の時点でぼくらを抜いていった登山者たちを後半になってぶち抜いていったのでした。しかも、みんな余裕の表情?だったかな。

d0079579_11573242.jpg9合目あたりで、足が前に出なくなっている登山者が団子状に。表情もどんより。頂上をあきらめて下りる人もちらほら。ここからが頑張りどころ。

北風が吹き降ろしてくる。向かい風に少々体力を奪われつつも、前進あるのみ!
d0079579_1225382.jpgまだまだ元気な「チーム筋斗雲」

いや、から元気か?

9合5勺。

3630mの地点で、斜面はカリカリになってしまいました。しかもすごい風。山頂の風はもっとすごいらしい。上から風に飛ばされた氷の粒が降ってくる。顔に当たると痛い。うひゃ~。

ここにスキーやパックをデポして、空荷で登ることに決定

d0079579_127445.jpgなんじゃ、この凍りつき方は・・
d0079579_1281612.jpg何とかお鉢を覗くところまでは到着。剣が峰には頑張って登っていった人が数名いたけど、ぼくらはここで満足。ものすごい風で飛んでしまいそう。

写真もニコやかな中に、必死の表情が・・
d0079579_1210759.jpgさあ、滑り込め!

カリカリの部分はたくさんのスキーヤーが滑った後だったので、クラストが砕かれかなり柔らかくなっていました。快適とは言いがたいけど、柔らかい場所を選んでそれぞれが思い思いにライディング!

いいぞ~!
d0079579_1212549.jpg酸欠気味で酸素吸入。

生き返る。しかし・・
d0079579_12124489.jpg飛ばしすぎ・・
d0079579_12141721.jpg8合目から下は十分に緩んでいたので、快適、快適。

ややシャーベット状のザラメ雪だったけど、スピードに乗ってターンを刻む。さいこーー!
全員が無事に下山。

全員登れたし、怪我なく滑ってこれたし、言うことなしです!

d0079579_1218512.jpg下界に下りた後は、毎度の温泉「胎内温泉」にて、富士山を眺めながら汗を流し、そして、「いわぶち亭」にておいしい地のものをいただきました。

日本一の山を滑って、おいしいもので締める。

完璧です!

これにて、07スノーシーズンのツアーがすべて終了いたしました。06年11月の立山から始まり、この富士山までたくさんの方といろんな山でセッションができたことを感謝しています。

今年の滑走日数(ほとんどツアー)は、約100日でした。よく滑りました。

少雪のシーズンであったにもかかわらず、パウダーシーズンはたくさんのノートラックをいただき。ビッグマウンテンもたくさん滑って、そして、ニセコや八甲田へのトリップでは、大人の合宿を満喫できました。

一番は、参加していただいた皆さんが一人も怪我をしなかったこと。無事故でシーズンを閉じることができたことは、バックカントリーという遊びに対しての皆さんの高い意識があったからだと思っています。心より感謝しています。

これからは、サマーシーズンが始まります。

今年はどんな夏をすごせるか、今から楽しみで仕方ありません。

山に、海に、川に・・自然がもてなしてくれる中で、自分へのチャレンジや癒しを求めて、これからも遊びつくしましょう!
[PR]
by club_kintoun | 2007-05-20 11:43 | BCエキスパート
line

ガイドクラブ筋斗雲のツアーレポートやイベント情報など バックカントリー、宮崎サーフガイド、シャワークライミング、トレイルハイキング


by club_kintoun
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31