The 筋斗雲 News!

clbkintoun.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

【スノートリップ】ニセコモイワパウダーゲッツ!070128

最終日

「気がつけば、ゲレンデ滑ってないんですけど・・」

そういえばそうでした。疲れもかなり蓄積され、お酒も蓄積。だったらのんびりゲレンデのピステンバーンを滑って、このトリップを終わりにしようじゃないか。

モイワはポールバーンやレースに力を入れていこうというのが、スキー場経営側にはあり、ピステンバーンが驚くほどきれいなのです。これぞまさに「職人技」

ロングクルージングが気持ちいい!軽く滑ろうといいながら、ノンストップで滑りまくってしまうのでした。
d0079579_13295934.jpg

正面のメインバーンは、本当にフラット。カービングを楽しむ人たちがちらほら。というか、お客さんがちらほらしかいない・・・。なので、ときどき斜面にだれもいない瞬間があるのです。その隙を突いて、

「チャンス、チャンス!」

斜面の上から下までフルチョッカリ

クローチングをして風を切る。どフラットな斜面では、スピードが出ても全然怖くなく最高に気持ちいいのでした。聞こえてくるのは風の音だけ。周りには誰もいないし完全に一人きりの瞬間なのでした。おっと、隣を見ると石井ちゃんも同じくフルチョッカリ!かっこいいぜ~!緩斜面に入り思い切り「大の字」になるとすごい風の抵抗です。あ~さいこ~・・・。

数本滑って終了。

温泉に浸かり、疲れを癒す。そしておいしい食事。完璧です。
d0079579_13301433.jpg

雪が少ないといっても、さすがニセコ。満喫するには十分なのでした。ははは~。
滑りまくって、飲みまくって、笑いまくった最高の4日間を皆さんと過ごすことができました。感謝はつきませぬ~。

ニセコトリップ第2弾は、2月22日~25日の同じく3泊4日です。興味がある方はお気軽にお問合せください!一緒に最高の旅をしましょう!
[PR]
by club_kintoun | 2007-01-28 13:17 | スノートリップ

【スノートリップ】ニセコモイワパウダーゲッツ!070127

第3日目

d0079579_13121457.jpg天気は少し荒れ気味。そして、お酒の飲みすぎ。疲れも若干残り気味・・セーブすることを忘れはしゃぎすぎの皆さんと僕・・・。怪我をしないように遊ばなくてはです。

本日はリフトアクセスを使って効率よくバックカントリーで遊ぶことにしました。降雪が少なかったので、前日のトラックは残っていましたが、北東の風が吹きリセット気味になっているところから攻めていくのでした。

一本目からみんなテンションが低い!疲れが残りすぐに疲れてしまう。う~ん、このままでは本当に怪我をしてしまいそうだ。軽く刻みながら滑るけれど、なんだかみんな無言・・・。大丈夫ですか~。

途中強風のためにリフトが止まったり動いたりと不安な感じ。クワッドリフトが止まると滑るエリアが狭くなるので、早めに奥へ行ってみようと見返りのアンヌプリ方面へ行きました。前日に滑ったところが、風によってきれいにリセットされていたのでとてもおいしそうでした。慎重にスキーカットしながら斜面上部へ入ると違和感を感じました。僕の足元の雪がベルトコンベアにでも乗っているように動き出したのです。雪崩だぁ。スピードは遅く少し入ったところだったので流されることはなかったし、雪崩は走り出すことはなかったけど、この大きなオープンバーンが滑り出したら埋まりきっていない沢底に落ちてしまうなと思い、みんなに滑り込み中止の合図を出しました。その後、僕は登り返して事なきを得たのでした。
強風雪によるスラブの急激な発達で、厚さ20~30cmのスラブアバランチでした。あぶないね~。

その後も斜面によってはスラブが出るところもあり、慎重に遊びました。

のんびりと滑りながら、おいしそうな斜面を選んで滑ること5本くらい。早めのお昼休憩をゆっくりととり、気を取り直して第2ラウンド開始!

風も止んで雪が落ち着いてきたところで、今度の話題は”雪庇”。

「軽く小さめのやつを飛んでみますか?」
「いいねぇ~」
「じゃあ、行きますか!」

d0079579_13125316.jpg
雪庇というよりもリップが立っているボール斜面へと向かいました。落差1.5m。ランディングはまだメンツルです。フカフカの雪が積もっていたので、怪我することもないだろうと思い、みんなでジャンプ大会なのでした。ところが、みんな撃沈。ランディングどころかみんなトップから刺さっていくではありませんか!雪だるまと化したみんなは、笑いながらドキドキのジャンプを楽しんだのでした。テンションも上がってきたぜ!

その斜面の雪が調子よく、しかもほとんど手付かずの状態だったので、何度も何度も繰り返し滑るのでした。あ~気持ちえかった。そして、おいしい斜面を発見!いい場所にあるなと思って、みんなを引き連れトラバース。ありましたありました!もう午後2:30だというのに全く手付かずの面ツル斜面です。しかも雪が最高!気持ちいいに決まってるぜ~!
d0079579_1313833.jpg
d0079579_13131744.jpg

そこも2ラウンドこなして、すっかりお腹いっぱいになったのでした。いぇ~い!

宿に戻り、お決まりの温泉。買い込んでいた3日分のお酒もほとんどのみ尽くしてしまったので、また買出し。「あまったら宿においていけばいいね」なんて言っていたのに、あっという間に空になってしまいました。早すぎ!でも、他の宿泊チームのみんなやウッドペッカーズに集まるローカルのみんなとのナイトセッションは飽きることなく、あっという間に時間がすぎてしまうのでした。幸せです~。

「明日は最終日」考えたくないな~と思いながらベッドに入ったのでした。。。。

-----------------------ムービー----------------------

[PR]
by club_kintoun | 2007-01-27 12:41 | スノートリップ

【スノートリップ】ニセコモイワパウダーゲッツ!070126

第2日目

d0079579_1655840.jpg天気予報によるとなんだか週末に荒れてきそうな予感がしたので、比較的おとなしそうなときに山へ行っちゃおうということになりました。

モイワから登って西斜面を滑るというプランです。モイワのノートラックも捨てがたかったのですが、せっかく来たのだから山も行っておかないとね。

脛~ヒザのラッセルをしながら尾根を登っていきました。途中標高900mくらいから視界がなくなり風が出てきました。アンヌプリ上部は風速15m/sくらい吹いていたようです。誰もいないな~と思っていたら、森の中からいきなり3名のスノーボーダーが現れてびっくりしました。少し話しているとあちらは五色温泉から登ってきたということでした。こちらが関東から来たということを話していたら「みねぎしくん?」といきなり名指しできました!「れおです」ってパウダーカンパニーのレオ君でした。彼はWARPニセコツアーを手伝ってくれていたのでした。こんなところで会うなんて世の中狭いですね。

d0079579_16553264.jpg標高約1050mあたりまで一緒に歩いて、向こうは大きな沢を滑るということで分かれました。僕らはそのまま少し登って、斜面が真西に向いたところで滑り込みました。

火曜日にチェックしていたオープンバーンにズバリヒットです!視界は不良でしたが、激パウ三昧!高低差約300mのノートラックパウダーを4人で貸切でした。
いやっほ~!!

写真はこの日の激パウベストショット!

d0079579_16562784.jpgその後ボトムまでパウダーを味わいつつ、滑ってそのまま五色温泉へ。ニセコを代表する秘湯にスキーでそのまま行けるなんて贅沢だぜ!これまたのんびりと浸かってお約束の記念写真。のんびりと秘湯を満喫したのでした。





d0079579_16555780.jpg

d0079579_1657281.jpg帰りは30分ほど登り返して、”見返り”をアンヌプリ方面へ。ここでもまたまた激パウです!ボトムまでしっかり滑った後は、長い長いトラバースを経てモイワへ帰ってきました。







d0079579_16571597.jpg帰ってきたら安心感か、みんなお疲れモード。もう温泉にも入ったので、いきなりプシュっとナイト"プレ"セッションがスタート。またまた長い夜が始まってしまったのでした。

この夜は宿泊客がどっと増えました。半分以上は練馬の「ボトムライン」の田畑さんとお店に集まる皆さんでした。派手に飲んでましたね!そこへローカルのパール(i-conに出演)やSnowlifeのKage君らが遊びに来て、オーナー新谷さんのバイオリンが始まっちゃうのでした。ご機嫌な新谷さんは、ずっと引いてました。

d0079579_1732980.jpg
ここでまた焼酎が一升空いてしまい、3日分のお酒がすでに足らないことが判明したのでした。
[PR]
by club_kintoun | 2007-01-26 16:22 | スノートリップ

【スノートリップ】ニセコモイワパウダーゲッツ!070125

07シーズン、ニセコトリップ第1弾始まりです!

第1日目


d0079579_15482545.jpg筋斗雲チームは、お昼ごろにモイワスキー場に到着。休む間もなくすぐにゲレンデへ出発。といっても今回の宿泊はゲレンデが目の前。

「お昼くらい食べさせてくれ~」

というので、ゲレンデのレストランでまずは昼食。今回はかなり合宿的な匂いがしてます。


d0079579_15491111.jpgニセコはどのゲレンデからも簡単にコース外へアクセスできるので、お手軽バックカントリーの聖地として知られています。でも、こういった背景には、僕たちが安全に遊べるように頑張っている人たちがたくさんいるのです。ニセコは、日本で最も進んでいるスキー場といっても過言ではありません。



d0079579_15493242.jpgさて、食後は足慣らしで軽くゲレンデを滑って、いきなり裏へ滑り込みます。「裏」というのはもちろんスキー場の管理区域外のことです。いざバックカントリーへ!

モイワはニセコのスキー場の中でもゲレンデの規模は小さいですが、リフトを使って遊べるエリアはかなり広い!人もいないので、午後からスタートした僕らもふかふかパウダーを滑りまくります!

d0079579_15495714.jpgするとビッグマウンテンスキーヤーの「まつけん」が登場!ニセコ雪崩調査のパトロールを終え、モイワに戻ってきました。「一緒に一本どう?」と声をかけると「OK」とのこと。でも、合図とともに弾丸のごとく僕らの視界から消えていってしまいました。「まつけん」なのに顔は「ハリーポッター」です。彼は、ニセコから帰ったあとはソルトレイクにスキー修行とフリースキーの大会に参戦です。まだ現役の大学生。これから先が楽しみです。

d0079579_15572396.jpgパウダーを攻めまくり、なぜか頭まで真白な石井ちゃん。

いや~、スパルタでした。休む間を与えず午後の時間を有効に?ガツガツ滑ります。気がつけばほんの2時間半で8本もパウダーをすべることができました。みんな初日からすでにヘトヘトです。



d0079579_1551297.jpgこんなに太陽が傾くまで滑り続けていました。
でも、まだ休ませるわけにはいきません。温泉でゆったりしたあとは、ナイトセッション(酒宴)の準備です。いちいち買い出しにいくのも面倒なので、ビール500ccを6×4、350ccを6×2、芋焼酎を2升、それとおつまみをたっぷりと買い込みました。


d0079579_15475113.jpg僕たちの宿「ウッドペッカーズ」は、夕食にメインのおいしいおかずが必ず2品出て、いつも満腹でした。ホントにおいしい!それでも、酒を飲み続けているとおつまみに手を出してしまいあっという間に焼酎が1升空いてしまいました。まぁ、僕ら4人で飲んでいるわけでなく、宿のスタッフさんも毎晩酒宴に付き合ってくれる(こっちが付き合っていたのかも)ので、盛り上がっちゃうわけです。
左から:まつけん、オーナー新谷さん、たーちゃん(なまら癖-X)、典子さん
※ロッヂの皆さんはいつもこんな姿ではありません。これは朝のパトロールへ出動する前なのです。ロッヂの中は暖かです。

そんなこんなで第一日目が終了しました・・。
[PR]
by club_kintoun | 2007-01-25 15:23 | スノートリップ

アドバンスツアー神楽 070121

d0079579_17492596.jpg前日よりもさらに天気がよくなり、日差しの強い一日でした。

雪はまだまだフカフカな場所が残っていましたが、入山者も多かったので滑る斜面選択がキーでした。

アドバンスということもあり、体力を使って奥まで足を伸ばしました。三角山がズタズタになってきていたので、手前に北向きのツリーランを2本楽しみました。一本目は、一部上からも下からも見えなくなる場所があったので、バディーを組んでお互いをフォローしながら滑りました。d0079579_17495822.jpgこれは北米のツリーランを楽しむときには当たり前の方法なのですが、バディーをお互いに視野に入れたまま何かあってもヘルプできる体制をとって滑ります。意外と難しいのですが、やってみると安心感もありおもしろいもんです。

2本目はノートラックオープンバーンを貸しきり状態でした。みんな好きなラインを選んで滑れたのでよかったです!

d0079579_17501839.jpg帰りはまだブッシュが多く、トラバースラインがきついので、中尾根まで登って南斜面を下りました。さすがに日射がきつい時間が長かったので、少し冷えてきた午後にはぱりぱりにクラストしていました。修行系の1本でしたが、これもバックカントリー!いろいろなシチュエーションを楽しんじゃえるのが、この遊びに魅力です。と最後は少し強引でしたが、最高の一日となりました。

みんなヘトヘトなアドバンスツアーでした。

最後に

朝から入山者がものすごかった1日でした。中には無装備&ツボ足で奥の奥まで入り込んできているスノーボーダーが数人いましたが、ちゃんと帰れたのでしょうか。斜面を見ていると風下側の吹きだまるオープン斜面を真横から思い切りトラバースして滑り込んでいる人もいて、あれが当たり前にならなければいいなと思ってしまいました。事故が増えれば当然規制がかかったりルールが多くなったりと本来自由度の高いバックカントリーという遊びをつまらなくしてしまいそうです。みんなの遊び場を失わないようにするためにも安全というものに意識を持って欲しいものです。
[PR]
by club_kintoun | 2007-01-21 17:25 | BCアドバンス

テレマークミーティング奥利根ナイター 070120

d0079579_21491314.jpg2シーズン目を迎えましたテレマークミーティングの今シーズン第一回がありました。

今回は13名のテレマーカーが集まりワイワイ騒がしく滑りまくったのでした。

アイスバーンのカリッカリのコンディションではありましたが、みんなビュンビュン飛ばすのでテレマーカーの存在がかなり目立っていたように思います。

次回は2月17日(土)に同じくみなかみ奥利根スキー場のナイターで行なう予定ですので、皆さんぜひご参加ください!
------------------- ムービー --------------------- 

[PR]
by club_kintoun | 2007-01-20 21:42 | イベント

ベーシックツアー神楽 070120

気持ちいい!としか言いようのない素晴らしい1日となりました。
d0079579_17224465.jpg

積雪は楽しむには十分になり、滑るラインも選択肢が一気に増えてきました。
通常の神楽は、ボリュームある積雪のために山がのっぺりしているので、斜度のゆるいイメージがありますが、今年は現在のところちょうど良く地形が出ているので、いつもパスしてしまう様なバーンも楽しく滑ることが出来ました。

雪は終日軽く柔らかで、最後に滑った何面でさえホカホカ状態でした。トラックはたくさん入っていましたが、あれだけ柔らかければ問題にもならず。気持ちよ~くクルージングを楽しむことが出来ました。

参加していただいた皆さんも、最後まで笑顔でハッピー!理想的なツアーでした!!

--------------------- ムービー ----------------------

[PR]
by club_kintoun | 2007-01-20 17:10 | BCベーシック

アドバンスツアー神楽 070116

d0079579_1004815.jpg
ついに来た!これぞ「The DAY」!!

快晴、無風、人がいない、そして、スーパークリーンパウダー!!いうこと無し!

この日は全員スキーだったので、帰りに藪漕ぎがあっても何とかなると考え思いっきり奥まで行ってみました。

d0079579_101649.jpg先行者が数名いたので、踏み跡がしっかりとついていて、とても歩きやすく楽チン。踏んでくれた人は偉い!大変感謝です。一発目はとても苦労したと思います。







d0079579_1013071.jpg
とにかく展望がすばらしく、久しぶりに360度パノラマを満喫できました。木々に積もった雪はとても美しく、「やっぱり山はいいにゃ~」と改めて感動!






3本のノートラックパウダーを堪能。一本滑るたびに頭の中が空っぽになりそうでした。まだ雪が少ないので地形がはっきり出ていて斜度もあり、このシーズンだからこそ楽しめるうねりを活かして当て込んだり落っこちたり、も~楽しくてしょうがない!
d0079579_1015722.jpg
d0079579_1021587.jpg
d0079579_1023018.jpg


最後は藪漕ぎアドベンチャー。枝に引っかかりながらも「スキーって偉いね」って、2本板の機動力を活かしたツアーとなりました。

こんな一日を過ごしてしまうとまた、やめられなくなっちゃいます。別にやめるつもりもないですけどね。ははは~
d0079579_102515.jpg


--------------------- ムービー --------------------

[PR]
by club_kintoun | 2007-01-16 09:37 | BCアドバンス

ベーシックツアー神楽 070115

d0079579_9293794.jpg平日はいいですね。全然人がいない。ファーストトラックの競争もないし。

まずは足慣らしで短いところを一本。まだブッシュが見えているけれでも滑るところはいっぱいあります。のんびりと準備をして滑りこみました。

山の上部はガスってたので、視界のいい下部で遊んでみました。降雪が止まってから時間がたったので、空気が抜けて雪が程よく落ち着いていました。

これは絶対にいいぜ!と思ったら徐々に興奮。フガフガ~!!

d0079579_930463.jpgまだバックカントリーに慣れていないサト。夏場はラフティングガイドやリバーカヤックを楽しむアクティブな彼女もそろそろ本格的にBCに挑戦だー!がんばれ~!!

今シーズンのBC一発目だというK氏も貸切のノートラックパウダーを存分に楽しんでくれました。やっぱりパウダーだね~。



----------------- ムービー ------------------

[PR]
by club_kintoun | 2007-01-15 09:22 | BCベーシック

ベーシックツアー神楽 070114

d0079579_918240.jpg
この日も雪はモッサモサです。

スキーヤー5名、スノーボーダー5名とバランスよく、縦乗り横乗りのセッションとなりました。
d0079579_9183735.jpg
半分以上の方がBC初体験。ビーコンの練習から始まりすべてが初めての試み。楽しむためには知らなきゃならないことがいっぱいあります。

さくっとハイクアップして一本目。しかし、風が強く寒い。気温マイナス10度。風もときどき10m以上は吹いている。体感気温にしたらマイナス20度近いときもあったと思いますが、ノートラックのバーンを眺めたらテンションは上がりますねぇ。

「趣味の時間」を楽しむイワオ。ピットチェックしたところ新雪層は90cmほど。雪は安定していました。
d0079579_920829.jpg


初めてバックカントリーでも滑りはなかなか!みんな気持ちよく滑ってくれました。見ていても気持ちがいい!
d0079579_9203554.jpg

d0079579_921691.jpg


この日はパウダーを2本滑ってご満悦なのでした。
d0079579_9213486.jpg

[PR]
by club_kintoun | 2007-01-14 09:06 | BCベーシック
line

ガイドクラブ筋斗雲のツアーレポートやイベント情報など バックカントリー、宮崎サーフガイド、シャワークライミング、トレイルハイキング


by club_kintoun
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー