The 筋斗雲 News!

clbkintoun.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

エキスパートツアーみなかみフリーライド+070331

インヴィテイションツアー芝倉沢

今期2回目のエキスパートツアーです。

天候は午後から崩れる予報。朝一番のロープウェイに乗って出発しました。

d0079579_1162661.jpgさくさくっと登って谷川岳山頂に到着。今回はさらに進んで一の倉岳の山頂を目指します。
トマの耳に到着する頃から南風が入り始め雲がモクモクわいてきました。さっそく天気の崩れる気配です。オキの耳まで来ると視界が開けました。南からの湿気た空気は、東西に伸びる谷川連峰の壁にぶつかり、反対の新潟側は全くガスがかかっていないのです。視界良好いい感じ!

オキの耳から一の倉岳にかけてのトラバースでちょっと苦戦。天神平を出発して芝倉沢の上部に到着するまでにざっと5時間が経過しました。

稜線は南風がビュービュー吹き、ハードなコンディション。ドロップインポイントには吹き溜まりが出来ていましたが、そこを越えると風が収まり快適な空間がありました。

d0079579_1164546.jpg湯檜曽の谷に流れ込んだ霧が芝倉沢を駆け上がってくるように沢の中も濃い霧の中になってしまいました。しばらくの視界待ちをしていると、「きたきたき~!」ガスが晴れた瞬間に巨大なボールへドロップイン!3~5cmのパウダーがカリカリアイスの上に積もっていました。慎重に高度を下げつつ気持ちよくターン。キタゼ芝倉沢!

ボールの中へ入るとし~んと静まり返っていました。どこからでもドロップできそうな斜面が、ボールをぐるっと囲んでいます。スティープなシュートのボトムにはデブリがたまり、コンディションの厳しさが伝わってきました。ちょっと武者震い。

全員が降りてくるまでの間にガスがかかったり晴れたりの繰り返し。行動は自然とスローになり時間はあっという間に過ぎていくようでした。

d0079579_1171670.jpg岩壁がそそり立つ狭い谷を抜けていくと、今度はアイスバーンと締まった雪がミックスされちょっとドキドキ。視界は50mくらい。長い長い谷には、乏しいセーフティーゾーンしかないため細かく区切りながらもスピーディーに抜けていきます。これが全部パウダーだったらなぁなんて想像しながらも今目の前にあるコンディションをこなさなければなりません。油断するといきなりアイスに乗ってしまいエッジがすごい勢いで流れてしまいます。慎重に慎重に・・。

標高1300m以下になると谷の左右に大きなデブリが堆積しまくっていました。ほとんどが湿雪の雪崩跡。右に左にデブリを交わしながらすばやく移動。すると見慣れた景色が。夏道に到着です。ここから下は沢が流れているために滑っていくのは少し大変そう。国道291に沿って歩いていくことにしました。

d0079579_1173560.jpg途中から湯檜曽川までさらに滑り降りて、川沿いの新道を進んで行きました。幽の沢、一の倉沢、マチガ沢と絶景ポイントを超えながら約2時間の戻り道。

土合へ戻ってきたときには、天気は土砂降り。山の中でなくてよかった。

行動時間10時間。長い長いトリップは、エキスパートツアーとして大きな思い出となりました。
来年も行きたいぜ、芝倉沢!
d0079579_1181710.jpg

[PR]
by club_kintoun | 2007-03-31 10:26 | BCエキスパート

プライベートツアー神楽070327

下田さまファミリーの夢

d0079579_12134913.jpgプライベートガイドの依頼を受けて、神楽へやってきました。

ほんの2日前までは天気予報でも太陽マークだったのに春の天気は変わりやすい。でも、視界があるからいいか。

この日は、下田様ファミリーです。お父さんは以前ツアーに参加していただいており、スキーの腕前はエキスパートクラス。とにかく根っからのパウダー好きで、先日も激パウの神楽でばったりお会いしたばかり。この日は、3人いるの娘さんの内、長女のマイちゃんと次女のユカちゃんにバックカントリーを経験させたいとのこと。

ビーコンチェックをしっかりとやって、足慣らしの一本を滑りました。雪は週末の雨で融けてからどうやら締まっていない様子。べったりとしていてちょっと手ごわい。それでも、ゲレンデとは違う雰囲気を楽しむにはこれもまたいいかな。

森の中を滑るのは慣れていない二人だったけれど、さすが小さい頃からスキーをやっているだけあって、スムーズに降りてきます。なかなか!
d0079579_1220133.jpg

足慣らしを終えハイクアップ開始!中尾根山頂を目指します。
d0079579_1214102.jpg
ユカちゃんは高校の部活でサッカーをやっているアクティブガール。ハイクも全然へっちゃら。マイちゃんも自分ではインドアと言っていたわりには、問題なし。若いって素晴らしい。

山頂ではテーブルを囲みランチタイム。周りには誰もいないので山頂貸切りで気分がいい。
d0079579_12142621.jpg

森の中を滑ってから、オープンバーンへ。二人とも楽しんでいた様子。それでも、べとべと雪に苦戦して腿がパンパン。山の洗礼を受けてなおよし!
d0079579_12143968.jpg

感想は・・、3回目くらいからおもしろくなりそうだって!わかってるね~!そうです。噛めばかむほど味が出る。バックカントリーはそんな遊びです。

おとうさんやりました!。夢は家族でヘリスキー。目標まであと少しみたいですね!
d0079579_12161512.jpg

[PR]
by club_kintoun | 2007-03-27 11:56 | バックカントリー

ベーシックツアー神楽 070325

d0079579_10371270.jpg雨です。しとしと雨です。

いつもなら雨が降っている時点でツアーをキャンセルしていたのですが、天気予報ではだんだんとやんでくるようだったので、山へあがってみました。

まさに春山のような濃い霧の中、雨がゴンドラの窓を叩いていました。

駐車場での情報だと、5ロマは終日動かないとのことだったのですが、行ってみると動いているではありませんか。朝、ちょこっとお見かけしたスキー会の重鎮の一言はすごいですね。おかげで楽チンで来ました。ありがとうございます。

視界は山上部の方がよく、かなり見えます。雨もそれほど気にならなくなってきていたので、神楽峰を目指してハイクスタート。ベチャ雪が濡れてドロドロ状態。少し沈むスノーシューが重かった。d0079579_1037359.jpg
あっさり山頂についてまず一本目。田代へ向かって滑り込みます。気になるストップ雪加減は・・・、むむ!ターンなんて一切必要ありません。前につんのめりながらもチョッカリ。雨でできた雪のたてうねりが激しい。

下っていくにつれて視界はどんどん悪くなり真っ白け。いや~ん。

とりあえずゲレンデに戻ってレストハウスで大休止。暖かいものを食べて幸せです。

それでも修行は続きます。2R、3Rはリフトを利用して重雪体験コース!
きついけど・・・・、攻める!
d0079579_10374970.jpg

きついけど・・、おどける!
d0079579_1038253.jpg

そんな一日でございました。やっぱり雨より雪がいい。
[PR]
by club_kintoun | 2007-03-25 10:20 | BCベーシック

アドバンスツアー平標山070324

雪が少なくて滑れないと思われていた平標山へ行ってきました。
d0079579_10135387.jpg

確かに少ない。いつもオープンでだだっ広い場所も密林状態でしたが、何とかなるもんです。

d0079579_10141247.jpg林道を歩き、滑る予定のヤカイ沢の出合から沢沿いに登っていきました。沢には水が流れブリッジの架かっているところはほんのわずか。それでも、歩きやすい場所をテクテク進んでいき、斜度がきつくなるところで右尾根に取り付くつもりでした。でも、雪の常態からしてそのまま直登もありと判断。ヤカイ沢の中央の尾根をガンガン登りました。斜度は少々きついですが、足元のモナカ雪さえ踏み抜かなければ、なかなか快適。稜線近くにくると午後から吹き荒れるであろう南風が当り始めました。

d0079579_10143732.jpg気がつけば休憩時間を含めて3時間15分ほどで稜線までたどり着きました。すぐ目の前には山頂が見えていたのですが、ドロップインポイントに到着してしまったので、あえて頂上は踏まず、天候が荒れる前に滑っちゃうことにしました。

前日の日射で解けた雪がそのまま硬くなった斜面は、緩むことなくカキンコキン。慎重に滑り降りると振動で足の裏が痒くなりました。

400mほど高度が下がるとようやく雪が緩み始め、少しエッヂが食い込むようになりやっとすべるという感じが出てきました。よかったよぉ。
d0079579_10145737.jpg

まだまだ、時間には余裕があったので、平らな場所でのんびりランチ
d0079579_10151134.jpg

その後は来た道を戻るように藪ヤブアドベンチャーです。
広いところに出るとなんだかホッとしてしまいました。
d0079579_10152766.jpg

なんともあっさり登って滑ってきてしまいましたが、う~ん今年の平標山は、なかなかの試練でした。来年はもっと積もってね~。
d0079579_10172585.jpg

[PR]
by club_kintoun | 2007-03-24 09:27 | BCアドバンス

エキスパートツアーみなかみフリーライド+070321

インビティションツアー

d0079579_13385459.jpg今季初のエキスパートツアーです。谷川連峰で気持ちよくイッちゃいます!

勝手知ったるメンバーで行くからおもしろい。そんなルートを滑ってきました。

今回は僕も含め、スキー3名、スノーボード3名とバランスがよいので、セッションも自然と盛り上がっちゃいます。

冬型が抜け高気圧に包まれ、これ以上の条件はないんじゃないかと思わせるほどのコンディション。思わず「神様は見ていてくれたんですね」と感謝せずにはいられません。

d0079579_13391850.jpg難なく山頂トマの耳へ到着。さすがエキスパートチーム。今までの最短時間で登っちゃいました。

当初はこの先の芝倉沢を狙っていたのですが、マチガ沢東面の巨大な破断面と今季最大と思われるデブリの量。そして、茂倉岳南面には幅500mはあるだろう風下側のクラウン。ようやく万太郎谷を埋めた大量のデブリが溜まっていました。

d0079579_13394481.jpg

d0079579_1340194.jpg
これらの状況を見て芝倉もデブリ祭の可能性が高いと判断して、西黒沢方面で遊ぶことにしました。参加者の皆さんもちょっとホッとした様子。

ランチを済ませたらさっそく滑り!トラックはあるもののまだまだ余ってますがな。

でっかい山はでっかく滑る!
d0079579_13403522.jpg

d0079579_13405037.jpg
ここ、こいつは・・・オカワリ!
一本では飽き足らず、もう一回登っちゃいます。そして、さらに狙って滑る!
d0079579_1341967.jpg
その後はとりあえず天神尾根に沿って降りて、登りのときに目をつけていた沢の上部へ到着。

ふふふ・・これはやばそうです。

日射がきつく南面ではアンモが転がり始めた頃、まだまだあるぜスティープ&ディープ!いっちょ決めてくださいよ~!

初見でこの沢を遊べるのはまさにエキスパート。信頼のあるリピーターさんだからこそ、ここで一緒に滑れるってもんです。やべぇ~・・・・!
d0079579_13413313.jpg
d0079579_13415387.jpg
d0079579_13421069.jpg
d0079579_13435123.jpg

沢底に到着するとみんなから今シーズンのベスト!との声が。
やったぜ、べぇべ~!!
僕にとっても今シーズンで一番のランだったと思います。
d0079579_13441286.jpg

そして恒例のアドベンチャー。これが大量降雪のためにあんまりアドベンチャーでなくなってきていました。それはそれでいいのですが、油断は禁物。友情の芽生えたラストシーンはやはりこの方でした。
d0079579_1344257.jpg

やっぱ谷川は裏切りません!ありがとぅーーーー!
[PR]
by club_kintoun | 2007-03-21 13:12 | BCエキスパート

ベーシックツアー神楽 070320

リフトアクセス・バックカントリー

d0079579_1353248.jpgまたまた降雪。週末からよく降ってます。2週連続で冬が舞い戻ってきました。本当に1月に戻ったような錯覚さえあります。

神楽のバックカントリーは近年人が増え、ゲレンデから見える範囲はあっという間にギッタギタ。すると、いきなり人がいなくなったりするのですが、そんな中でも、一日中ノートラックパウダーを満喫できました~!

今回はプライベート的に1組のお客様。しかもリピーターさんなので、テーマを持って遊ぶことにしました。

SugayaさんをリーダーにMっちーさん、Mささんとスキーや3名です。スキーの機動力を活かしてパウダーセンサーを使いまくってみました。そして、Mささんへパウダークリニックも同時開催。気合を入れてパワーアップしていただくつもりで、ぼくも鬼になり頑張っていただきました。

5ロマリフトが動くことによって、ゲレンデ外がまるでゲレンデのように滑られてしまいますが、神楽もこれがあるからお客が入るということはわかっているのでしょう。こんなときは厳しいことは何も言いません。みんなロープをくぐってガンガン行っちゃってます。d0079579_1355688.jpg
僕らは、そんな雰囲気におされないようにマイペースで滑ります。のんびり滑っていても、ノートラックはあり続けました。まるで、ニセコモイワのようにいつまでたってもある場所にはあるのです。スローに時間が過ぎている場所が・・。





滑っても、滑ってもパウダー。フレッシュトラック!sugayaさん、あまりに気持ちよくて壊れかけてました。
d0079579_1361162.jpg

特訓中のMささんは、転んでも転んでも頑張ってくれました。疲労で大変だろうと思いましたが、パウダー修行です。僕も手出しせず声援を送って見守ります。がんばれ~!
d0079579_1362661.jpg

気がつけばもう3時前。よく滑りましたねぇ。合計6本のパウダーランを楽しみ、ツアー終了。おなかいっぱいなのでした!
[PR]
by club_kintoun | 2007-03-20 12:40 | BCベーシック

アドバンスツアーみなかみフリーライド070319

3日目、今シーズン初の宝台樹

d0079579_12355830.jpg朝、天神に集合。天気を見る限りでは、3日間で一番悪そうだったので、谷川岳は無理。

宝台樹に連絡。状況はかなりよさそう!今シーズンは沢が埋まっていなかったためにコースとして使用していなかった宝台樹エリアですが、前の週より雪が降っていたおかげでどうやらツアーが出来そう。とりあえず行ってみるべし。

ゲレンデでニュースノー20cmくらいの場所がある。これは裏へ行けば・・・。

さっそく準備をしてハイク開始。雪質はかなり良し。十分に踏み込むだけの量もある。ラッセルも嬉しい(M)。

いつものバーンを覗き込むとイケてます!いってみましょう!

タイトなツリーラン。雪が深くてちょうどいい。スプレーを舞い上げ気持ちよく滑っちゃいます。
d0079579_12361221.jpg
d0079579_12362492.jpg

トータル2本回して終了。久し振りのタイトなツリーランはチャレンジ魂に火がつきますね。今期最初で最後の宝台樹エリアなのでした。


[PR]
by club_kintoun | 2007-03-19 12:14 | BCアドバンス

アドバンスツアーみなかみフリーライド070318

2日目、今期一番のディープパウダー!

d0079579_1203836.jpg文句なしのパウダーセッションでした。

前日に比べて風はかなり収まり、降雪そのものもたいしたことなく、

「こりゃ~いけるど~」

と滑る気満々でスタートしたのでした。

天神平スキー場は当然のようにリフトのオープン待ちですごいラインナップ。パトロールの自己犠牲的アバランチコントロールが終わりが始まりました。

そんな、お祭騒ぎのパウダー合戦には目もくれず、さっそく入山。当たり前のようにノートラックです。

まずは、足慣らしのツリーラン。これがいきなりディーーーーープパウダーーーー!息できましぇ~ん。雪質も昨日の片栗粉でなく、フワっと積もった100%谷川天然パウダー。ひさしぶりぃ!!いぇい!!
d0079579_1222484.jpg

d0079579_122391.jpg
d0079579_1225336.jpg

当然のようにオカワリ。この日も山の上部は風が強そうだったので、朝のミートの時点で山頂は行きませんと断言していたのですが、行く必要なし!
d0079579_123615.jpg
d0079579_1231764.jpg


2本目を滑っている頃から、僕らのトラックを追ってきたのか数名が山に入ってきました。でも、彼らは装備を持っているわけでもなく、来ちゃった感じです。僕らの重装備を見た彼らはそのままゲレンデに戻って行きました。よかった。

足慣らしのバーンが、僕らによってギッタギタになったところで、少し奥へと進みました。

どの沢を覗いてもおいしそお!雪はしっかりとくっついているしこりゃあ行くっきゃない!

ピットチェックの後、上部をカットしながら慎重に様子を探る。こりゃいいで~!いただきま~す。

うわ~!ふ、ふけぇ!!ネックウォーマーをしていなければ息ができません。ファットスキーでもスーパーフェイスショット!ワンターンごとにゴーグルの雪を払いのけながら滑らないと全く前が見えない。うひゃ~。

一人ずつ慎重に滑り込む。下からは滑ってくる人が上げるスプレーに大歓声!これぞパウダーセッショーン。軽くトラバースしてさらにもう一本。僕は、一度で2度おいしいこのルーティーンが大好き。

最後は今年の谷川ツアーの恒例になっているアドベンチャー。

パウダーセッションを共にした後は、みんなのチームワークも一段と強いものになっていました。

当りまえだけど、大、大、大満足な谷川セッションでした~!
d0079579_1233175.jpg


激パウ・ムービーその1


激パウ・ムービーその2


激パウ・ムービーその3

[PR]
by club_kintoun | 2007-03-18 11:28 | BCアドバンス

アドバンスツアーみなかみフリーライド070317

今期の「みなかみフリーライドセッション」第2弾です。

1日目、苦行の一日

d0079579_11225288.jpg朝8時に天神平ロープウェイに集合。降雪はたいしたことはなかったけれど、風が強そう。とりあえず、天気の様子を見ながら動くことにしました。

熊穴沢避難小屋に到着するまでに徐々に風が強くなってきました。雪は風で飛ばされて表面には氷化したザラメが露出しているところがあったり、吹き溜まりになっているところが極端に現れていました。

この日はガイドツアーが、僕らを含めて3パーティー入山していました。また、その他の登山者も入っていて、天気の割には入山者が多かったように思えます。

登りに入ると下山してくる山スキーヤーとすれ違ったり、さっさと登頂を果たしたのか降りてくる人たちが数名いました。降りてくる人たちは皆つらそうな表情。

d0079579_1123756.jpgガシガシ登って、標高約1700m。視界もかなり悪くなってきました。肩の広場を途中から滑り込むつもりで登っていると完全に真白になってしまいました。小屋まで残り100mのところで降りようと思ったのですが、あまりの強風で、下山準備をするのすら厳しいと思われ、何とか小屋まで行って滑りの準備をすることにしました。

登っている最中に何度か雪の切れる音が聞こえました。おそらく西黒尾根方面の急斜面が切れたのでしょう。これだけの風なら吹き溜まりが一気に成長して自然に雪崩れていくのです。谷川ではよく聞く音でした。これでは肩の広場でさえヤバイなと思い、登ってきた尾根を降りるしかありませんでした。

d0079579_11233324.jpg肩の小屋へ到着。さらに風が強くなってきたので、ろくに休憩も取らずさっさと下山です。こんなときに小屋の存在はありがたいです。風が無いってステキ。

赤旗を頼りにズルズルと下山していくしかありません。ときどきその赤旗さえ見えなくなりましたが、徐々に高度を下げていきました。


d0079579_11235493.jpgああぁ、もうすぐ帰れる。

そんな心境だったかもしれません。とにかく強風で寒い。

数名が熊穴沢よりドロップインしていましたが、「こんな日に沢へ入っちゃいけません。」と考えている僕は、天神平まで歩いて戻ることしか考えていませんでした。その途中も吹き飛ばされそうな空気球が突然襲ってきたりして、みんなも台風姿勢のマスターになっているのではないかと思えるほどでした。

とりあえず、帰れたときには安堵感がすごかった。あの視界の中で誰一人としていなくならなくてよかったね。

厳しい苦行でした。
d0079579_1124788.jpg

[PR]
by club_kintoun | 2007-03-17 11:00 | BCアドバンス

へなちょこ神楽070216

「ヘタレでも参加できるツアーやってください」

d0079579_1046140.jpgそんなリクエストにお答えして、開催しました!「へなちょこ企画」バックカントリーツアー!!

体力が心配だったり技術に不安があったりと、いままでツアー参加を躊躇していたという方のために優しくスローなバックカントリーツアーをやってみました。

集合してみれば、バックカントリー経験者ばかり。全員が集合するとお互いに自分のヘタレ度をアピール。各自が不安要素を打ち明けることによって雰囲気がとても和やかなものへとなりました。

ハイクの最中もみんな乗りがいいので、笑いが絶えず、そして励ましあい脱落することなく神楽峰山頂まで頑張りました。
d0079579_10461480.jpg

のんびりランチも気持ちがいい。手作りスープをポットに入れてきたJimmyさん。えらい!うまい!すばらしい!!
d0079579_10462878.jpg
パウダーゲットも出来て滑りも最高!登りかえしもしてトータル2本滑走
d0079579_10464383.jpg
d0079579_10465843.jpg

最後まで楽しかったねぇ!怪我なく、脱落者なく、笑顔で終ったツアーだったのでした。
d0079579_1047951.jpg


「へなちょこ企画」は、人数を通常の半分に設定して、できるだけ少人数制にしました。また、今回は喘息などを持っている方の参加もあったのですが、安心して1日遊んでいただくことが出来ました。これからもいろいろな形で不安を持っている方に対応していくつもりです。不安があってツアー参加を考え中の方は、まずご相談ください。できる限り協力していきますので、これからもよろしくお願い致します。


[PR]
by club_kintoun | 2007-03-16 10:26 | BCベーシック
line

ガイドクラブ筋斗雲のツアーレポートやイベント情報など バックカントリー、宮崎サーフガイド、シャワークライミング、トレイルハイキング


by club_kintoun
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー