The 筋斗雲 News!

clbkintoun.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

07スノーシーズン打ち上げパーティー @ 横浜青龍門

d0079579_7215512.jpg
たくさんの方に集まっていただけました。

今回は、スノーシーズンの打ち上げだけでなく、サマーシーズンのスターティングということもあって、今週末に一緒に宮崎へ行くサーファーズも遊びに来てくれました。

今シーズンの写真を見たり、ホグロフスさまよりご提供いただいた景品の争奪ゲーム大会ありで、終始賑やか。

気持ちのよい締めとなりました。皆さんありがとうございました~!
d0079579_722994.jpg
d0079579_722183.jpg

[PR]
by club_kintoun | 2007-05-26 07:12 | イベント

07スノーシーズン打ち上げパーティー 

冬の打ち上げ&夏のスターティング・パーティーやります!

07スノーシーズンのかっこいい写真を持ち寄って、お互いに自慢しちゃいましょう!

d0079579_17162961.jpg■会場
青龍門 横浜みなとみらい店
18:30スタート21:30終了

■住所
神奈川県横浜市中区桜木町1-1-67 クロスゲート3F

会場の地図(by Google map)

■電話
045-222-0571

■集合
JR桜木町駅前、改札を出て左にある歩道橋の辺りに18:10

■会費
6000円(3時間の飲み放題です)
恐縮ですが、途中から参加の方も会費は同じです。お早めにお越しください。

出席できる方は、5月24日(木)21:00までにお電話かメールにてご連絡ください。
翌日が日曜日なので、泊る準備があったほうがより楽しめるのではないかと思います。

ツアーに参加したことのない方もぜひ遊びに来てください。
[PR]
by club_kintoun | 2007-05-25 17:00 | イベント情報

サーフトリップ in 宮崎 参加者募集中!

d0079579_14202792.jpg
サーフパラダイス宮崎で、現地ガイドとともにサーフィンを楽しみましょう!

日程:6月1,2,3日(金土日)

現地集合の2泊3日。

料金:42000円(ガイド、保険、2泊)

定員:4名 (受付締め切りは5月27日です)

ガイドは、日本屈指のビッグウェイバー「中迫謙吾」です。
d0079579_1421498.jpg

波乗りのあとは、うまい焼酎と地鶏料理が待ってます!


行程について
6月1日(金)
10:00am 宮崎空港集合 → 専用車にて早速ポイントへ → 昼食はオススメのお店へ → 午後もサーフィン → チェックインしてフリータイム

6月2日(土)
早朝より終日サーフィン(移動は専用車) → 夕食はオススメのお店へ

6月3日(日)
早朝よりサーフィン → 夕方、宮崎空港にて解散

※移動はすべて専用車です。その日に一番よいコンディションのポイントへガイドがご案内。セッション中は謙吾からのワンポイントアドバイス。また、写真撮影やビデオ撮影なども予定しています。夜は、写真やビデオを見ながらのポイントアドバイスも可能です。

のんびりとした雰囲気の中で限りなくプライベートなポイントにてサーフィンを3日間楽しむことができるはずです。

現地までの格安航空券を希望の方や、前日夜から入れるという方はご相談ください。

峯岸健一が、同行します。

まず興味のある方は、お問合せください!
d0079579_1422535.jpg

[PR]
by club_kintoun | 2007-05-25 14:32 | イベント情報

エキスパートツアー富士山 070519~20 その2

2日目 山頂アタック

テントで寝ていたぼくらは、夜中に強風にさらされていました。駐車場にベタで置いていただけだったので、風に揺さぶられいまいち眠れない。といってもぼく以外はグーグー寝ていたようですが。夜中1:30くらいに我慢できずにテントの外に出て、張り綱にしっかりとテンションをかけて、もう一度寝なおし。相変わらずの強風がちょっと心配。

明るくなると風は止んでいました。よかった。

d0079579_11483974.jpgさて、出発しちゃうよ~!

大勢の登山者は、朝5:00くらいからざわざわと登り始めていました。ぼくらはのんびりしていたので、6:30に出発。予定通り「予定の30分遅れ」。順調、順調。

ハイクはリミットを午後13:00として、登っていきます。
d0079579_11525319.jpg狭い登山道を数人に追い抜けれつつも、ぼくらはマイペース。周りのペースに巻き込まれないようにしないとね。

本日もすばらしい天気。風もなく快適なハイク。しかし、日が昇るにしたがってじんわりと暑い。
d0079579_11533815.jpgこの日もスノーシューを使用。100名以上の登山者がいる中で、スノーシューで登っているのは、ぼくらだけ。

「気合入ってんねぇ」

なんて、冷やかされつつも

「ヒールリフトがあるからこっちの方が数倍楽なんだよ、へへ」

と心の中で思っていたのでした。

案の定、朝の時点でぼくらを抜いていった登山者たちを後半になってぶち抜いていったのでした。しかも、みんな余裕の表情?だったかな。

d0079579_11573242.jpg9合目あたりで、足が前に出なくなっている登山者が団子状に。表情もどんより。頂上をあきらめて下りる人もちらほら。ここからが頑張りどころ。

北風が吹き降ろしてくる。向かい風に少々体力を奪われつつも、前進あるのみ!
d0079579_1225382.jpgまだまだ元気な「チーム筋斗雲」

いや、から元気か?

9合5勺。

3630mの地点で、斜面はカリカリになってしまいました。しかもすごい風。山頂の風はもっとすごいらしい。上から風に飛ばされた氷の粒が降ってくる。顔に当たると痛い。うひゃ~。

ここにスキーやパックをデポして、空荷で登ることに決定

d0079579_127445.jpgなんじゃ、この凍りつき方は・・
d0079579_1281612.jpg何とかお鉢を覗くところまでは到着。剣が峰には頑張って登っていった人が数名いたけど、ぼくらはここで満足。ものすごい風で飛んでしまいそう。

写真もニコやかな中に、必死の表情が・・
d0079579_1210759.jpgさあ、滑り込め!

カリカリの部分はたくさんのスキーヤーが滑った後だったので、クラストが砕かれかなり柔らかくなっていました。快適とは言いがたいけど、柔らかい場所を選んでそれぞれが思い思いにライディング!

いいぞ~!
d0079579_1212549.jpg酸欠気味で酸素吸入。

生き返る。しかし・・
d0079579_12124489.jpg飛ばしすぎ・・
d0079579_12141721.jpg8合目から下は十分に緩んでいたので、快適、快適。

ややシャーベット状のザラメ雪だったけど、スピードに乗ってターンを刻む。さいこーー!
全員が無事に下山。

全員登れたし、怪我なく滑ってこれたし、言うことなしです!

d0079579_1218512.jpg下界に下りた後は、毎度の温泉「胎内温泉」にて、富士山を眺めながら汗を流し、そして、「いわぶち亭」にておいしい地のものをいただきました。

日本一の山を滑って、おいしいもので締める。

完璧です!

これにて、07スノーシーズンのツアーがすべて終了いたしました。06年11月の立山から始まり、この富士山までたくさんの方といろんな山でセッションができたことを感謝しています。

今年の滑走日数(ほとんどツアー)は、約100日でした。よく滑りました。

少雪のシーズンであったにもかかわらず、パウダーシーズンはたくさんのノートラックをいただき。ビッグマウンテンもたくさん滑って、そして、ニセコや八甲田へのトリップでは、大人の合宿を満喫できました。

一番は、参加していただいた皆さんが一人も怪我をしなかったこと。無事故でシーズンを閉じることができたことは、バックカントリーという遊びに対しての皆さんの高い意識があったからだと思っています。心より感謝しています。

これからは、サマーシーズンが始まります。

今年はどんな夏をすごせるか、今から楽しみで仕方ありません。

山に、海に、川に・・自然がもてなしてくれる中で、自分へのチャレンジや癒しを求めて、これからも遊びつくしましょう!
[PR]
by club_kintoun | 2007-05-20 11:43 | BCエキスパート

エキスパートツアー富士山 070519~20 その1

07スノーシーズンの滑り納めとなる富士山ツアーです。

1日目

d0079579_1181693.jpg午後、富士宮口新五合目に集合。早速下見と足慣らし、そして、高度順化を兼ねてひと滑り。

軽く新七合目まで登ってみました。

新七合目といっても標高は海抜約2800m。高度に弱い方は高度障害が出ても不思議ではない標高です。

積雪は前回登った水曜日に比べて少し減っている程度。これなら同じところまで滑って来れそう。
d0079579_1183192.jpg滑り出しは午後3時半。雪質は程よく緩んで快適なザラメ。
あっという間の一本だったけど、まずは富士山を滑った。
駐車場に戻るとさすが週末。たくさんの観光客、そして、たくさんの登山者が集まっていました。特にこの場所で前泊して明日の登頂に備えている人も多く、なかなかの賑わい。ぼくらもバーベーキュースペースを作って明日のミーティングをしながら食事。さすがに酒の量は控えめ。本気加減が伺えました。
d0079579_1194577.jpg
d0079579_1195455.jpg

d0079579_1110890.jpgここ新五号目からは、沼津市の街が見渡せるとても景色のいいところ。

デートスポットとしても人気があるのか、夜中でも車がジャンジャン上がってきます。確かにこの夜景はすばらしい。
この日は新月に近かったので、一段下にある駐車スペースには、ドデカイ天体望遠鏡を持った天体観測チームが大勢来ていました。夕食の終わったぼくらは、その輪に混ぜていただき、「リアル土星」やら、「木星」、「M13???」やらに「すっげ~!すっげ~!」いいながらかなり舞い上がっていたのでした。

とても得した気分で就寝です。明日は4:30起床。
[PR]
by club_kintoun | 2007-05-19 10:52 | BCエキスパート

下見に行ってきました

シャワークライミング(沢登り)の下見へ行ってきました。

ベーシックコースのフィールドのひとつである「葛葉川」へ行ってきました。

d0079579_8575753.jpgまだ水温の低い時期なので、ウェットスーツをしっかりと着込んで防寒はばっちり!ガンガン滝を登ってきました。

水量はやや少なめではありましたが、今シーズンの一回目でもあるのでちょうどよかったかな。ただ、まだ入渓者が少ないのとこの時期に滝をガンガン登る人は少ないので、岩が苔でぬるぬるして、難易度はいつもよりちょっと高めな気がしました。どんどん人が入るようになれば、もっと登りやすくなります。

途中で見つけた沢蟹
d0079579_8581041.jpg

連続で続く5mクラスの滝
d0079579_8582186.jpg

沢登りはやっぱり面白い!と改めて思いました。冬と違う筋肉を使うので、いい運動になりました。今週末の富士山が終われば、これからは沢三昧です。

沢登りの後は・・こちらへ続く
[PR]
by club_kintoun | 2007-05-18 08:50 | シャワークライミング

エキスパートツアー富士山 070516

日本一の山「富士山」にチャレンジ!

本来は2日間のプラグラムとして1日目に高度順化、2日目にアタックというスケジュールを立てていたのですが、天気の様子を見て1日目の朝から登ることに決定。いっちょいったるで!

d0079579_10223581.jpg富士宮口新五号目より入山。ここは、今年3月25日に大雨の影響で大規模なスラッシュ雪崩(土石流のような雪崩)によりレストハウスなどの施設が倒壊。現在も工事が行われている最中です。
d0079579_10225093.jpg昨年に比べれば雪は多め。六合目から少し登ったところより早速雪の上を歩くことができました。

朝はまだ雪が硬くツボ足だとちょっと大変。登山者のほとんどはアイゼンを使用していましたが、スノーシューを使用しました。

斜度は30度以上ある斜面ですが、スノーシューでも特に問題なし。むしろ、ヒールリフトを利用すればふくらはぎの疲れを軽減できてとても楽。スノーシューで正解だったと思います。

d0079579_1023482.jpg遠くは霞んでいるものの景色がとてもきれい。駿河湾や沼津市の町並みが見渡せて気分爽快。快適なハイクがスタートしました。
d0079579_10233480.jpg登る斜面はこんな感じ。平日とあって入山者はぼくらを含めて十数名程度。ほとんどがほぼ同時に歩き始めました。
d0079579_1046014.jpg高低差で約200mごとに山小屋があるので、そこを休憩ポイントとしてピッチを刻んでいきます。登山道を歩くと1ピッチ約50分で休憩10分。でも雪の上をまっすぐに歩いていくので、ペースが速く1ピッチ約30~40分程度で登れました。その分休憩を少しゆっくりとりながらのんびり行きます。
d0079579_1024699.jpg8合目(標高約3200m)を過ぎたあたりから一気に体が重くなります。空気が薄いのを体感できるくらいに足が前に出なくなってきます。はるか上には頂上が見えているというのになかなか近くなりません。

ここまでの間に飛ばして歩くと体が標高に慣れないので、あえてゆっくりと登るのがポイント。体力を温存しておいて後半にリズムよく登れたらグッド!
d0079579_10242457.jpg山頂の鳥居が見えてからが遠い。9合5勺(標高約3590m)からは気合が必要。「登ってやる~」という強い意志が最後まで歩かせてくれることでしょう!

ここまで来る間にも、高度障害になっていないかをマメにチェック。眠くなってしまうのも高度障害のひとつ。歩きながら寝ちゃいそうになります。
d0079579_10243772.jpgついにきました山頂「剣が峰(標高3776m)」!

後ろがお釜。山頂に到着すると無風だったので温かく心地よすぎて、みんなで軽く昼寝をしてしまいました。

気がつけば山頂にはぼくらしかいない!そう!、ぼくらは一瞬ですが日本で一番高い場所にいる日本人ということになりました。

やったぜ全国制覇!
d0079579_10245746.jpg山頂からお釜に向かってひと滑り・・(登り返しのない程度にね)
d0079579_10253898.jpg山頂を後にして、メインの斜面まで移動中。なんとなく自信に満ち溢れた二人
d0079579_10272943.jpgドロップインはいきなりプチシュート。最大斜度50度くらいのロックバンドセクション。ちょっとした緊張感がたまらない。スラッシーなスラフとともに滑りぬける。
d0079579_10274967.jpgそして、これが富士山の大斜面。とてもスウィートなザラメのじゅうたん。重力に任せて気持ちよ~く落下していくとスピード感も忘れてしまいます。
d0079579_10275959.jpgストレスのない雪質に刻むターン。余分な力を抜いてリラックスして滑れたら最高!
d0079579_10281268.jpg裾野に広がり始めた雲海に向かって滑り込んでいく。誰もいない広大な斜面。
d0079579_10282280.jpgあまりに長いので途中で休みながらも滑るとあっという間。今回は新七合目から約100mほど下まで滑ることができました。高低差約1100mのオープンバーンでももはプルプル。
d0079579_10283312.jpgざくざくの雪渓をズルズルと歩いて降ります。
d0079579_10284449.jpg最後は登山道を約20分歩いて登山口へ。

青空、スキーがビュンビュン走る最高のザラメ雪、しかも人がいない!今回はこの上ないスプリングコンディションでした。雲海が広がったのはぼくらのいたさらに下。天上で遊んだ気分でした。こんな気分に慣れるのも富士山ならでは!

日本一になってみたい方は、ぜひチャレンジを!!

------------------ ムービー -------------------
[PR]
by club_kintoun | 2007-05-16 10:17 | BCエキスパート

ステッカーできました

d0079579_13481616.jpgガイドクラブ筋斗雲のステッカーができました。

クリアシートにホワイトとブラックの2色があります。

サイズは170×75mmです。

1枚500円にて販売してます。ご希望の方は郵送いたしますので、ご連絡ください。

また、富士山ツアーや5月26日のパーティーにも持って行きますので、そちらでの購入も可能ですYo!
d0079579_13483391.jpg

[PR]
by club_kintoun | 2007-05-14 13:49 | クラブ情報

へなちょこ立山 3days 070512~13

2日目

目指せ、剣御前小屋!


朝8:00に小屋を出発。体調は万全。高度にも慣れたので、へなちょこといえどもガツガツいっちゃいます!

d0079579_11492050.jpg
d0079579_11493828.jpg
ちょっと不思議な現象

d0079579_11495346.jpg
歩き始めて2時間ちょっと

d0079579_1150725.jpg
全然へなちょこじゃないんですけど・・。二人ともへっちゃら。十分強いんですけど。特にカトちゃんはシールに苦戦しながらも頑張りました!

d0079579_11502678.jpg
ということで、時間にはたっぷりと余裕が。剣沢一本いっちゃいましょう!

d0079579_11503912.jpg
d0079579_11505296.jpg
d0079579_1151612.jpg
d0079579_11512269.jpg
そして、雷鳥沢から雷鳥坂へ本日のメインディッシュいただきまーす!
d0079579_11521163.jpg
d0079579_11513768.jpg
d0079579_11515487.jpg

d0079579_12571.jpg
d0079579_11522668.jpg

日射がとても強い一日でした。ぼくを含め3人とも日焼けにやられグッタリ。部屋に戻ると2時間半ほどの昼寝をしてしまいました。なんて贅沢なんでしょうか。そして、ナイトセッションはやや静かめに・・・

3日目

昨夜から吹き始めたものすごい風は、寝ている間ずっと雷鳥荘を揺らしていました。そして、朝目を覚ますと、ガスガス。視界は20mくらいでしょうか。晴れてくる予報ではありましたが、下山を決定。でも、丸2日間たっぷり遊べたので、よかったです。

下山後は、またもや「葛温泉」。そして、定番化してきた「昭和軒」にてカツ丼をいただき解散。これにて、今シーズンの立山ツアーがすべて終了いたしました。

よく通った立山と雷鳥荘。夏にも山歩きでぜひ行きたいと考えています。そして、雷鳥荘には、見習い中の「じゅん&りな」が働いています。雷鳥荘を訪れる機会がありましたら、ぜひ声をかけてやってください!ニッコニコでお出迎えしてくれるはずです。そのときは、お土産も忘れずに・・・
[PR]
by club_kintoun | 2007-05-12 11:47 | BCベーシック

へなちょこ立山 3days 070511

へなちょこシリーズ第3弾!

ついに立山へ進出!やってみれば、体力は全然へなちょこじゃなかった・・・。でもすべりは・・・


d0079579_10172761.jpg
d0079579_10354853.jpg
d0079579_10185383.jpg
d0079579_1019377.jpg
d0079579_10191357.jpg
d0079579_10192729.jpg
d0079579_10194158.jpg
d0079579_1019545.jpg
d0079579_1020910.jpg
d0079579_10203838.jpg
d0079579_10211259.jpg
d0079579_10202287.jpg
d0079579_10205090.jpg
d0079579_1021026.jpg
d0079579_10212296.jpg
d0079579_10213276.jpg
d0079579_10214186.jpg
d0079579_10215218.jpg
d0079579_1022691.jpg
グッドコンディションで始まった「へなちょこ立山」は、ナイトセッションの後、2日目に続く・・
[PR]
by club_kintoun | 2007-05-11 10:14 | BCベーシック
line

ガイドクラブ筋斗雲のツアーレポートやイベント情報など バックカントリー、宮崎サーフガイド、シャワークライミング、トレイルハイキング


by club_kintoun
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31