The 筋斗雲 News!

clbkintoun.exblog.jp ブログトップ

タグ:至仏山 ( 11 ) タグの人気記事

【バックカントリー】至仏山ツアー100426

願いが通じたのかようやく暖かくなってくれました。シャバシャバ雪が大好きなkenichiでっす!
d0079579_10561222.jpg
ついに来た!待ちに待った?ザラメセッション!

続きを見る
[PR]
by club_kintoun | 2010-04-26 10:54 | BCアドバンス

【バックカントリー】至仏山ツアー100425

春だというのにあんまり春らしくない日々が続いておりますが、もう春を通り越していっそのこと夏っぽくなってもいいよとマウンテンバイクに乗りたいkenichiでっす!でもまだ滑りたい優柔不断です。
d0079579_10272280.jpg
やっぱり至仏山は尾瀬を一望できるような天気がいいに決まっていると再確認した一日でした!

続きを見る
[PR]
by club_kintoun | 2010-04-25 22:23 | BCアドバンス

【バックカントリー】至仏山ツアー100424

寒さに強い僕でしたが、前にも書いたように一度体が春を感じると毛穴が開きっぱなしで寒さに弱くなっている。もっと脂肪をつけなきゃダメだとビールと唐揚げを胃袋に詰め込むkenichiでっす!
d0079579_2056739.jpg
今日は何月何日ですか?と聞きたくなるほど、真冬並みのコンディション。

いきなりパウダーゲッツで始まった至仏山ウィークです!

続きを見る
[PR]
by club_kintoun | 2010-04-24 21:21 | BCベーシック

【バックカントリー】 アドバンス至仏山 3days part1

こんにちわ。

じゅんです。

皆さん3連休はガッツリ遊びましたか~?

僕はこの春の3連休は雪に閉ざされたビックマウンテンへ、

鳩待峠雪洞泊で尾瀬の至仏山を滑りに行ってきました~。

今回のヘビー級アドバンスツアーに参加のお客様は2名様。

いつも筋斗雲をご利用いただきありがとうございます!

例年経験値upupな雪洞泊ツアー。

さあ!アドベンチャーな3日間を楽しみましょう!

3日間のまとめレポートでちょっと長いですよ~。
d0079579_44151.jpg


つづきはこちら
[PR]
by club_kintoun | 2010-03-22 22:28 | バックカントリー

【バックカントリー】アドバンス至仏山 090428

ついに・・・

きた〜!!

ぼくの経験上でもベストといえる春の至仏山でした!
d0079579_2031683.jpg
なんだかテンションが上がっていたので、さくさくと登ってあっという間に小至仏の肩まで到着

尾瀬ケ原、燧ヶ岳など展望はこの上無しってか〜
d0079579_20311941.jpg
そして、さらにテクテクと登って山頂イェイ!

さすがアドバンスチームです。せっかくのノートラックなワル沢にペースがあがってしまいましたが、ふつ〜に着いてきてくれました

Thanks !

目の前にはほんの数人しか滑っていないツル〜としたワル沢のドデカバーン

こいつはロングな1本をやるしかないでしょう!
d0079579_20313930.jpg
パウダースキーという言葉がまだ日本になかった時代から天神や北アルプスなどの山を滑っていたという坂本さん

ぼくもまだ30年はガンガン滑れるゾという楽しみができました!
d0079579_20315125.jpg
春の青空に真冬のような雪の白

こんなコントラストはなかなかないですよ〜
d0079579_2032351.jpg
滑っても滑ってもゴールにたどり着かない巨大な斜面
d0079579_20321786.jpg
スピード感も麻痺して自然落下が最高に気持ちいい!
d0079579_20322971.jpg
気持ちよすぎてゴールを通り越してしまうというゲストのハプニングもありましたが・・・

まだ時間もあるし登り返してもう1本行きましょう!
d0079579_20324189.jpg
2本目もほとんどノートラック!

頑張って登った甲斐がありました!
d0079579_20325391.jpg
麓まで近づくと森の中はすっかり春の陽気

渓流の爽やかな音と小鳥のさえずり

トロけてしまった最高の至仏山ツアーとなりました


みなさんお疲れさまでした!
ファイナル至仏山は最高の思い出になりました!ありがとうございました!


kenichi
[PR]
by club_kintoun | 2009-04-28 20:30 | BCアドバンス

【バックカントリー】ベーシック至仏山 090427

お待たせしました!
尾瀬ウィークの至仏山ツアーベーシック編


巨大化した低気圧が通過し、寒気も流れ込みコンディションは真冬のように吹雪

一昨年も春の至仏山で吹雪を経験しましたが、今回は風が強い!

山頂へ行くのは難しそう・・・でも、パウダーがあるじゃな〜い!!
d0079579_20123661.jpg
森の中で風をできるだけかわしつつ、悪沢岳のピークまでたどり着いた僕らは、さっそく面ツルのオープンバーンで1本目のパウダーラン
d0079579_20125134.jpg
視界はいまいちだけど、底つきのないスプリングパウダー!

こうなったら今日はパウダーライディングを満喫しちゃいましょう!
d0079579_20132134.jpg
2本目は至仏山名物?のナチュラルパイプ

ノートラックのパイプをエントリーからエンドまでノンストップライディング
d0079579_2013625.jpg
うねりが絶妙でかなり遊べました
d0079579_2013501.jpg
そして、3本目は尾根をいかしたバーンでストレスフリーのカーヴィング

ちょっとしたブッシュが緊張感を与えてくれるので、これまたナイス!
d0079579_2014863.jpg
バーンは横に広いので、ライン取り次第で自分のターンを楽しむことができました!
d0079579_2014233.jpg
今回は、プロフォトサービスのRyuさんも同行

みんないい写真を残せましたかね?

まるで冬のかぐらのような雰囲気で春の至仏山を遊んだのでした!


みなさんお疲れさまでした!
ありがとうございました!


kenichi
[PR]
by club_kintoun | 2009-04-27 20:11 | BCベーシック

【バックカントリー】アドバンス至仏山 090426

2つ玉低気圧が至仏山を通過する中、晴れ間をついて遊んできました!
d0079579_2036448.jpg
朝7時の集合時は残念な雨

しかし、いっとき天候が落ち着くであろう瞬間を狙おうと少し停滞

すると雨は雪に変わりチャンスとばかりに出発!
d0079579_20374779.jpg
太陽が顔を出しぐっと気温が上がってきた
d0079579_2038012.jpg
そして、至仏山の全貌も見えテンションMAX !
d0079579_20381423.jpg
西の空を眺めながら時間を計り、少し急ぎ足で山頂を目指す

出発時間が予定より遅くなってしまったこともあったけど、順調に歩みを進め雲が迫ってくる前に稜線へとたどり着いた
d0079579_20383020.jpg
そして、無事に全員で至仏山登頂!

たくさんの登山者がいた中でもなかなか早い方だったでしょう

南に雨雲が流れ始め、北にも雪雲が迫ってきていた

素早く降りて下でゆっくり休憩しましょう!
d0079579_20384328.jpg
まだまだ荒れていない巨大なオープンバーンをどか〜んと滑ってモモはパンパン
d0079579_20371755.jpg
容赦なく2本目もばば〜んと滑ってさらにモモはプルプル

でも、これで安心

ゆっくりランチをしたあとは、少し登り返してトラバース
d0079579_2037291.jpg
ボトムの川上川のスノーブリッヂがヤバそうだという情報があったので、いつもと違う場所から戻ってきました

普段入り込まないルートは新鮮で面白いね

いろいろな発見がありました

そして、2時半には鳩待峠に到着
空はどんよりして雪が降り始め風がビュービューなり始めました


天気のリズムに合わせて楽しめたツアーとなりました

みなさんお疲れさまでした!
ありがとうございました!


kenichi
[PR]
by club_kintoun | 2009-04-26 20:37 | BCアドバンス

【バックカントリー】アドバンス至仏山 080427

大人気の至仏山ツアー2日目です。
d0079579_1237739.jpg

ブナの森の向こうから朝日のお出迎えです。

今回も沢山のお客様が遊びに来て下さいました。
d0079579_12403865.jpg

2日目の今回はじゅん&まっちゃんチームアドバンスツアーです。

サクサクっと登って気持ち良いところを滑りに行きましょう~!

お天気が良かったので山頂は多くの登山者や滑り手で大賑わいでした。
d0079579_12443915.jpg

でっかい山に気持ち良い風、気持良さそうな斜面、滑って気持ち良いざらめ雪。
d0079579_12431192.jpg

斜度も適度にあって距離も長い!
d0079579_12475736.jpg

標高差300~400を一気滑り!

そんでもって、もう一丁上り返して尾根違いの斜面を滑りましょう~!
d0079579_12505497.jpg

登り返せば流石にジワ~っと額に汗を感じますが、

登り返したその先にはまたまた気持ち良い斜面が待ってます!
d0079579_1254425.jpg

春のビックマウンテンツアー至仏山。

心地よい陽気の中、とても楽しい一日でした。
d0079579_131686.jpg

春山サイコー!

また遊びましょう~!

じゅん
[PR]
by club_kintoun | 2008-04-27 22:22 | BCアドバンス

【バックカントリー】アドバンス至仏山 080427

本日は、アドバンスクラス。

またもや2グループで行動です。

昨晩は、数名のお客様と雨の中でBBQ。山の上ではみぞれかな。風も強かったらしくエビのしっぽがびっしりとついていました。
d0079579_21494925.jpg
視界も良くなり春の至仏山らしくなってきました。
d0079579_21495967.jpg
淳チームも元気いっぱいです!
d0079579_21501035.jpg
健一チームは、小至仏山の肩からまず一本。

アドバンスクラスらしくガッツリ登って、ガッツリ滑りましょう!
d0079579_21501963.jpg
少し縦のうねりがあるものの、日射でシャバった雪はまずまずの滑り。
d0079579_21502746.jpg
皆さん結構飛ばしてます。
d0079579_21503645.jpg
そして、登り返して山頂へ到着!

天気がよく展望は最高!これぞ春の至仏山らしく、頂上はたくさんの登山者や滑り手で大にぎわいでした。
d0079579_21504879.jpg
至仏山はどでかい斜面が滑りの醍醐味です。2本目はモモがプルプルしちゃうくらいのロングランをかっ飛ばしましょう!
d0079579_2151396.jpg
快適なザラメをでっかく滑る!
d0079579_21511464.jpg
スピード感も麻痺してしまうくらい広い斜面を気持ちよく滑れました〜!
d0079579_21512535.jpg
雪解けが早く沢には大きな穴が開き、流れる水の量はいつもの3倍くらいあったのではないでしょうか。

そんなワル沢アドベンチャーを抜けきったところで、滑りは終了。

ここから鳩待峠まで、30分ほどの登り返しです。
d0079579_21513426.jpg
鳩待峠に到着。
d0079579_21514650.jpg
帰りの登り返しは、暑かった・・・

皆さんおつかれさまでした!

健一
[PR]
by club_kintoun | 2008-04-27 21:47 | BCアドバンス

【バックカントリー】ベーシック至仏山 080426

ビックマウンテンを語る上では外せない尾瀬の至仏山。

厳冬期は雪深く、気象条件が厳しい為に・・・

残雪期は積雪が薄くなり、そこを踏みつけるとその下に眠っている植生を痛めてしまう・・・

そういった理由から滑走時期が規制されていて、ちょっとレア感を感じてしまう人気の至仏山。

今回は沢山の方々が遊びに来て下さいました。

じゅん&まっちゃんチームの皆さん。
d0079579_1031839.jpg

お天気はガスガスで視界は約20~30メートル。

視界が無ければ無いなりのアドベンチャーを楽しんで行こうじゃないですか~!
d0079579_106949.jpg

ゆっくりと・・・ジワリジワリと標高を上げて約4時間で至仏山山頂へ到着で~す。

山頂は風が強くてしかも寒い!しかも相変わらずガスが濃くてホワイトアウト状態です。

至仏山は斜面が非常に広く、目印になるポイントも乏しいために、

感だけに頼らずにコンパスを手に取り、ガイド二人が間隔をあけて目印になり、

その目印のガイドに向かって滑りこみ、皆が集まったらまたガイドが先に行って目印になる…

それを繰り返すこと10回くらいかな?

ようやく悪沢の森が見えてきたのでした。
d0079579_10255328.jpg

悪沢の森の中はウネリありバンクあり・・・そして沢の割れてる場所もあり、

状況によってはテクニカルなコースなのですが、

皆さん凄く楽しそうでしたね~。ドキドキ感も多分に感じたんじゃないでしょうか?

今回は視界には恵まれませんでしたが、

自然遊びの楽しさや厳しさを沢山感じることができた1日だったのではないでしょうか?

またビックマウンテン至仏山を遊びましょう~!

お疲れさまでした~。

じゅん
[PR]
by club_kintoun | 2008-04-26 22:22 | BCベーシック
line

ガイドクラブ筋斗雲のツアーレポートやイベント情報など バックカントリー、宮崎サーフガイド、シャワークライミング、トレイルハイキング


by club_kintoun
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31